首イボ・角質粒

首や顔にできるイボ・角質粒の治し方(種類と原因)

顔や首にポツポツとできたイボ。
治し方もわからず、自然と治るかなと思って放っておいたらどんどん増えていった・・・
などとイボに悩まされている方は少なくありません。

 

 

首や顔にできるイボは老人性ウイルス性角質粒などいくつか種類が分かれていますが、いずれも早く対策すれば自分で簡単に除去できます!

 

首イボや角質粒の治し方、取り方について、原因や予防、病院での治療方法について。
また、改善に効果的と言われているヨクイニン(ハトムギエキス)や杏仁オイルについて、私が編み出したイボの治し方など、詳しくご紹介していきます。

 

首イボ・顔イボの種類

イボとひと言で言ってもいくつかに種類が分かれています。
首や顔にできるイボ、ポツポツについて種類は以下の通りです。

 

老人性イボ(老人性疣贅)ろうじんせいゆうぜい

首や顔などにできる少し盛り上がりのあるイボ。
脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)とも呼ばれています。
は紫外線による肌老化が主な原因。
首、顔、手の甲、腕、胸などが好発部位で、老人性と呼ばれますが、早ければ20代から出現し、年齢とともに増加します。

 

 

特徴としては角質が厚く盛り上がって、表面がザラザラし、茶色いこと。
ですが一概には言えず、色の変化はなく、盛り上がりだけがあるタイプもあります。
シミが時間の経過とともにこの老人性イボに変化することもあります。

 

ウイルス性イボ(尋常性疣贅)じんじょうせいゆうぜい

名前の通り感染性のイボ。
黒い色調を帯びたイボで、ヒト乳頭腫ウイルスというウイルスの感染によってできた良性腫瘍のことをいいます。
傷などからウイルスに感染し、手足・足の裏・膝などによく見られ、顔や首にできることはあまりありません。

 

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)

青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)とも呼ばれています。
名前の通り、青年期に顔や手の甲などに2〜3mmの平らなイボができることが特徴です。
ウイルスによるもので、中年以降での発症はほとんどありません。
このイボはやや隆起していて薄い褐色をしています。
一般的には、体格の成長とともに自然治癒していきます。

 

アクロコルドン

主に首にできる、色が肌色で2ミリ〜3ミリ程度の小さなポツポツとしたイボです。
他にワキや鼠径部など、特に皮膚が柔らかい場所に好発してイボ自体も柔らかいのが特徴。
加齢とともに発症が増え、女性や肥満の方に多く発症します。
悪性ではなく良性の腫瘍なので特に治療を施さなくても問題ないイボです。
過度に心配することはありませんが、首イボにアクセサリーをひっかけたり、衣類で摩擦を起こしたりすると炎症が生じ悪化することもあるので注意が必要です。

 

スキンタッグ

前述のアクロコルドンと同様に首、脇、胸、目の下、鼠蹊部など皮膚が薄く柔らかい部位・摩擦に弱い部位にできやすいイボです。
首から胸もとにできるイボの多くがこのタイプです。
早いと20代から発症する人もいますが、特に多いのは中高年層です。
スキンタッグの方がアクロコルドンより少し大きくて盛り上がっています。

 

 

数mmくらいのポツポツから大きくなると1cm程度になる場合も。
こちらも年齢とともに徐々に増えていく傾向にあります。
日頃から予防のためにヨクイニンや杏仁オイルなどの塗布剤を使うこともおすすめです。

 

角質粒

角質粒は前述のいくつかのイボを総称して(ウイルス性を除く)呼称されていることが多いようです。
正しく言い換えると「イボの原因(正体)が角質粒である」というのが適切かもしれません。
角質粒というのは毛穴に皮脂や古い角質がつまり、完全にふさがっている状態のものです。
ニキビと似ていますが、角質粒はニキビとは違い赤く炎症しにくいのが特徴です。

 

 

 

顔や首に出来るイボ、ポツポツはそのほとんどが老人性イボ角質粒の可能性が高く、早急に治療を施さなくても問題のないイボと言えます。

 

*但し、イボが短期間で急激に増えた場合、赤く炎症を起こしている場合などは自己判断は危険な場合もありますので、皮膚科を受診するようにしましょう。

 

首イボ・角質粒ができる原因は

治し方が一番気になるところではありますが、角質粒ができないよう予防をすることはより大切です。

 

顔や首にイボが出来てしまう原因について見ていきましょう。
角質粒が出来る原因を知ることで、イボの発症を予防することができます。

 

角質粒の原因その1<加齢>

年齢を重ねるとともに皮膚のターンオーバーサイクルが乱れていきます。
そうすると若い頃は定期的にに剥がれ落ちていた古い角質が、いつまでも皮膚や毛穴に残り蓄積。
それが塊となって角質粒、首イボの原因となってしまいます。

 

角質粒の原因その2<紫外線>

紫外線も同様に肌にダメージを与えると同時にターンオーバーを乱れさせる原因となります。
顔・首イボを予防するには日焼け止めなど紫外線対策も重要です。

 

角質粒の原因その3<摩擦>

イボは、首の場合はネックレスや衣服の摩擦、鼠蹊部は下着の摩擦や圧迫などが原因になることも多いです。
皮膚の薄い部分には過度な摩擦が刺激となり、イボを誘発させてしまいます。

 

角質粒の原因その4<乾燥>

意外と知られていないのが、顔や首イボの予防には乾燥が大敵であるということ。
加齢による保湿力の低下に伴い、紫外線や摩擦などの刺激をよりダメージとして受けやすいのです。
また、乾燥は古い角質の硬化を招き、角質粒の原因に…。

 

首イボ・顔イボ・角質粒の治し方

イボの多くは早急に治療を施さなくても問題ないということなのですが・・・
そうは言ってもイボは見た目が恥ずかしいし、放っておいて治る場合もあれば増えたり悪化してしまう場合もあります。
出来てしまったイボを除去するにはどのような取り方があるのでしょうか?

 

イボの治し方には大きく分けて次のA〜Dの4種類の取り方があります。

 

イボの取り方A「自分で荒療治」

小さく隆起している軽度のイボ、角質粒ならハサミで切り取る方法で除去できます。
出血もあまりなく痛みも少なめ。
もちろんお金はかからないし1回で切除できて傷痕も残りにくいですが、自分ではイボの見極めが難しく、衛生上の問題もありますのであまりおすすめはできません。

 

イボの取り方B「外科的なイボ除去」

皮膚科を受診してイボを取る方法です。
イボの治し方にはいくつか種類があります。

 

  • 液体窒素治療
  • 炭酸ガスレーザー治療
  • 手術で除去

 

イボの種類や大きさによって医師の判断や、患者との双方の相談の上、治療法が選択されます。

 

 

費用は治し方により、保険適用の液体窒素治療なら2,000円程度、レーザー治療の場合は数万円とまちまちです。

 

イボの取り方C 「内服して治す方法」

角質粒・首イボなどに効果のある医薬品サプリメントを内服してイボを治す方法があります。
こちらのイボ除去法は即効性は期待できませんが、通院を避けたい方、治療に不安がある方にはおすすめの取り方です。
イボを治すだけでなく、その後の角質粒予防にも効果が期待できます

 

イボの取り方D 「塗布して治す方法」

角質粒・首イボなどに効果のあるヨクイニンハトムギエキス)や杏仁オイルを塗布する治し方があります。
こちらはサプリメントよりは即効性は期待できるイボの取り方であるものの、完全に治すにはある程度期間が必要です。

 

 

角質粒やイボを除去するだけでなく、その後の予防にも効果が期待できます。
価格は2,000円程度から10,000円近くするものまで色々。

 

首イボ除去に効果のあるクリームの一覧

 

*イボの手っ取り早い取り方としてイボコロリが有名ですが、こちらは顔や首のイボ、角質粒には使用できません。

 

 

首・顔イボ・角質粒を治しながら予防する方法は?

イボの取り方、治し方について説明してきましたが、一時的に治したり除去したりしただけでは、またイボや角質粒は出来てしまいます
原因があって発症してしまった訳ですから、その原因を潰さない限りは再発する可能性は否めません。
イボを治して、尚かつ再発を予防する方法はあるのでしょうか?

 

私の場合、次の2つの方法を取り入れて首イボ、ポツポツの悩みから解放されました!

 

方法1. それまで飲んでいた緑茶や麦茶をハトムギ茶に変えた。

 

方法2. 角質粒・イボ対策クリームを使い始めた。

 

この2つの方法を実践するだけで顔と首のイボ、ポツポツが治り、それ以降できなくなったんです!

 

どうしてこの2つの方法だけで首イボ・角質粒を除去することができたのか…
次の表が解りやすいかと思います。

 

■イボを治す効果が期待できる成分

ヨクイニン
ハトムギエキス

イボ対策に効果のある、最も代表的な成分。
古来よりイボ取りの治療に利用されており、現在でも病院で漢方としても処方されています。
ミネラルを多く含んでいる為、イボ、角質粒の他、ニキビ・肌荒れにも効果があります。

杏仁オイル
杏エキス

杏の種の中にある仁から圧縮した植物オイルで、アンズ1本の木からコップ半分ほどしか採れない希少な成分。
オレイン酸が豊富で肌をやわらかくするため、特に効果があるのは加齢によってできたイボ、角質粒
紫外線や老化によるイボに杏仁オイルを塗ると、少しずつ取れる事で知られています。
皮膚の乾燥を防ぎ肌の代謝を高める効果もあるので、イボの除去と同時に美肌効果も。

ドクダミエキス

植物のどくだみから取れる成分で、古くから民間治療薬としてあらゆる皮膚トラブルの改善に利用されてきた成分。
殺菌作用・抗酸化作用が高く万能薬と言われ「ケガをしたらドクダミ」というくらい愛用されてきた薬草です。

木酢液

木材を木炭にする時に出る茶褐色の液体で、酢酸とアルコールが含まれ、高い殺菌効果があります。
殺菌力に優れている為ウイルス性のイボに最も効果があります。

プラセンタエキス

アミノ酸とミネラルを豊富に含み、肌のターンオーバーをサポート
イボ、角質粒を予防します。
抗酸化作用もあり、保湿効果美白効果も高い万能な成分です。

 

顔や首のイボ除去に効果的な成分を5つ挙げましたが、私が取った2つの方法の場合はそのうちの、
ハトムギエキス、杏仁オイル、ドクダミエキス、プラセンタエキス
の効果を活用したものでした。
2つの方法を行うだけで、これだけのイボを治す有効成分を取り入れられるのでかなり手軽でおトク感あります。

 

それぞれ具体的に紹介しますね。

 

角質粒・イボ除去+予防の方法・1

それまで飲んでいた緑茶や麦茶をハトムギ茶に変えた

 

いつも冷蔵庫に常備している麦茶をハトムギ茶に変更しました。

 

 

出し方と飲み方は普通の麦茶と全く変わらず。
ティーパックタイプのものを、お湯で煮出すか水出しもOK。
(*水で出すと苦みが強いのでお湯出しがおすすめ。)
ハトムギ茶を食事の時や喉が渇いた時に飲むだけ。
夏場は水筒に入れて仕事場にも持参しています。
イボ・角質粒云々もそうですが、ハトムギ茶に変えてからお肌の調子が断然良くなりました!

 

角質粒・イボ除去+予防の方法・2

イボ対策クリームを使い始めた

 

 

これが実は、かなり効果てきめんです。
ヨクイニンと杏仁オイル、プラセンタ、ドクダミエキスが配合されたイボ対策クリームを使い始めました。
朝起きた時と、夜寝る前の1日2回、気になる顔と首回りに塗るだけ。
1週間ぐらいでイボがカサカサになりはじめ、2週間ぐらいでイボがポロリと取れはじめて、次々と、面白いです。
テレビを観ながら、ボトルタイプの杏仁オイルでゆっくり首のポツポツ部分をマッサージしたり。
最後に蒸しタオルで温めるようにすると早く効果が現れます。

 

 

朝は時間がないので、首イボ予防とスキンケアを兼ね、ヨクイニンと杏仁オイル配合のオールインワンゲルを毎朝使っています。

 

 

 

以上、2つの方法を取り入れただけで、1ヶ月くらいで首に沢山あったポツポツ、イボが除去できて、それ以来できなくなりました!

 

イボ除去の治療に皮膚科に行かないと治らないかな・・・と思いつつ、
「皮膚科は混んでるし何より治療がコワい…」
ということで半分ダメもとで試した方法でしたが、少し日数はかかったものの、効果があったので良かったです!
これは同じような悩みを抱えている方にも教えたい!と思った次第でした。

 

首イボ・顔イボ・角質粒の取り方・治し方<まとめ>

原因の項で取り上げたのは以下の4つの要素でしたね。
それぞれを念頭に置いて予防、対策していくことが大切です。

 

  • 加齢
  • 紫外線
  • 摩擦
  • 乾燥

 

「加齢」

これはもう仕方ありません…。

 

「紫外線」

これについては日焼け止めクリームでしっかり対策をしましょう。
最近では飲むタイプの日焼け止めサプリも人気を集めています。

 

「摩擦」

衣服やアクセサリーでどうしてもある程度の摩擦は避けられません。
対処法としては、先述のイボ・角質粒対策用クリームを塗布することで保湿がしっかりでき摩擦を緩和
ヨクイニンや杏仁オイル配合でイボ予防になります。

 

「乾燥」

顔や首のイボは乾燥を防ぐことで発症リスクが下がります。
しっかり保湿対策をしましょう。

首イボ・角質粒に効く!アイテムおすすめランキング

先述の通り、イボ除去にはヨクイニン杏仁オイルなどが効果的です。
イボ対策クリームには多くのラインナップがありますが、私が実際に使ってみて効果が高かったもの、人気のアイテムを紹介しますので、参考にしてみてくださいね。
使用感・人気度・コスパなどを総合的に比較し評価したランキングです。

 

角質粒・イボに効くアイテム

艶つや習慣

 

 

首イボ・角質粒除去に効果大のハトムギエキスあんずエキスを充実配合。
艶つや習慣の魅力はオールインワンタイプなので、普段のスキンケアとイボ対策が同時にできちゃうこと。
化粧水+乳液+美容液の役割を兼ねているのでコスパも良いし手間要らず。
ハトムギエキス、杏エキス以外にもプラセンタやアロエベラ、ヒアルロン酸も配合なので、イボ除去と並行して角質粒予防もできる秀逸アイテムです。

 

公式サイトで詳細を確認

 

角質粒・イボに効くおすすめアイテム

シルキースワン

 

 

こちらは首イボ、角質粒専門のクリーム
毎日使うことで首イボ除去と予防を促します。
ヨクイニン、ハトムギエキス、オオバクエキスなどイボへの有効成分をたっぷり配合
衛生面を考えて15日分の2個セットなのも魅力!
首イボ対策デコルテケアには最適なアイテムです。

 

公式サイトで詳細を確認

 

角質粒・イボ除去に効く杏仁オイル

アンミオイル

 

 

アンミオイルは杏仁オイルメインのアイテム
アンケートでは96%の方が角質粒・首イボ除去に効果があったと実感しています。
ちょっと価格はお高めなものの、1週間分を980でお試しできるトライアルセットが用意されています。
杏仁オイル高配合なので、首イボに即効性を期待する方にはおすすめのアイテムです。

 

公式サイトで詳細を確認

 

角質粒・イボ除去に効くピーリングジェル

ぽろぽろとれる杏ジェル

 

 

こちらは杏仁オイルが主成分のピーリングジェル
週に2〜3回この杏ジェルを使ってピーリングを行うことでお肌を柔らかく保ち、古い角質を大掃除。
イボの除去と首回りのポツポツ、角質粒の予防ができます。
この杏ジェルと、ハトムギエキス配合のオールインワンと併用すると効果大です!

 

公式サイトで詳細を確認

 

角質粒・イボ除去に効く薬用スキンオイル

アプリアージュオイル

 

 

こちらは160万本越え販売実績のある実力派アイテム。
良質な杏仁オイルヨクイニンを高配合した贅沢スペックのオイル。
気になる部分にじっくり擦り込んでマッサージするとイボ除去に効果的です。
オイルなのにベタつかず、スッと肌に馴染みます。

 

公式サイトで詳細を確認

 

 

 

PR: HMB効果

更新履歴