アクロコルドン

アクロコルドンの原因と治療法とは

 

顔や首にできる老人性イボのうち、小さなシミが盛り上がったようなポツポツとしたイボをアクロコルドンといいます。

 

 

サイズは1mm〜3mm程度とサイズこそ小さいものの、まとまってできることもあり、気になる人も多いのではないでしょうか?
顔や首に出来てしまうと目立つので、何とかしたいと思いますよね…。

 

 

こちらでは、アクロコルドンができる原因と治療法、自分でできる対策について解説します。

 

アクロコルドンとは

アクロコルドンは、首をはじめ肌のやわらかいところにできるポツポツとしたイボのひとつです。
皮膚全体がわずかに盛り上がっている形で、茶色いことが多いです。
1mm〜3mm程度と小さなイボですが、数多く発生しやすいことが特徴となっています。
女性や太り気味の人にあらわれやすいイボです。

 

アクロコルドンの原因

首にできることが多いイボ、アクロコルドンはウイルス性イボのように感染するものではありません。
アクロコルドンの原因は明確なものはわかっていませんが、加齢や老化に深く関係します。

 

老化により肌のターンオーバーが低下すると、不要な角質が剥がれ落ちることができず、表面にとどまってしまいます。
そして固まりポツポツとしたイボになると考えられています。
角質肥厚や皮膚の老化をもたらす、紫外線や皮膚の摩擦の影響とも関係が深いです。

 

 

また、アクロコルドンとよく似たイボにスキンタッグがあります。
イボができる原因は同じで首にできやすいことも共通していますが、形状が異なります。
アクロコルドンの場合は全体が平坦でわずかに盛り上がっている程度で、スキンタッグのような粒状の盛り上がりや、イボの根が茎のようになることはありません。

 

 

また、アクロコルドンは顔や首に出来るとシミと間違えられることもよくありますが、れっきとした老人性のイボのひとつです。

 

アクロコルドンの治療

代表的な老人性イボの治療法は、イボを外科的に切除することです。
しかし、
首にできるアクロコルドンの場合にはポツポツのサイズが小さいうえ、その形状から正常皮膚と接している部分が広いためハサミによる切除はあまり行われず、主に焼いたり、蒸散させたりする方法がとられます。

 

アクロコルドンが首にできてしまっても、そのままにしておいても問題なく、身体に害もありません。
しかし、治療を行わずに放置しておいても自然に治ることはなく、年齢を重ねるに伴い、かえってポツポツが増えることもあります。
また、首にポツポツしたアクロコルドンがあると、一気に老けた印象を与えてしまいますので、美容面からも早目に病院で治療を受けるか、ご自身でお薬やサプリ、イボ用クリーム等での対処をおすすめします。

 

首イボがポツポツと出来始めてしまったら

早めにケアして改善と予防を促すスキンケアアイテム一覧

 

 

アクロコルドンの治療法・その1

液体窒素で組織を壊死させる

マイナス196℃の液体窒素をアクロコルドンにあて、組織を凍結して壊死させる方法です。保険での治療が可能ですが、数日おきに数回の治療を繰り返す必要でがあり、治療時に痛みも伴います。また、色素沈着を起こしやすいという点にも注意が必要です。

 

アクロコルドンの治療法・その2

電気メスで焼灼する

電気メスで熱を加え、アクロコルドンの部分を焼く方法です。液体窒素より跡はきれいに仕上がりますが、やはり色素沈着のリスクは残ります。麻酔の使用は、イボの数次第です。患部はやけどのような状態になるため、患部に1週間ほどガーゼを当てておく必要があります。

 

アクロコルドンの治療法・その3

レーザーで蒸散させる

主に炭酸ガスレーザーを使って、アクロコルドンの組織を蒸散させます。治療は1回で済み、仕上がりは凍結や焼灼よりもきれいですが、自費診療のため治療費が高額になるという点がネックです。

 

 

このように、アクロコルドンを皮膚科で治療するのはいずれの方法も大変ですし、皮膚の老化が原因のため、治療してもまたポツポツが発生してしまうことも少なくありません。
そこで、アクロコルドンを改善したいという方には、毎日のスキンケアで首イボのポツポツ対策を行う方法がおすすめです。

 

アクロコルドンの自己対策法

ヨクイニン(ハトムギエキス)・杏仁オイルで除去

「病院での治療は怖い!」「病院へは行きたくない…」という方は、クリームやオイルで自己対策を行うことも有効です。

 

首イボがポツポツと出来始めてしまったら

早めにケアして改善と予防を促すスキンケアアイテム一覧

 

 

顔や首にできるアクロコルドンの原因は主に加齢によるターンオーバーの低下です。
ターンオーバーが乱れることによって、正常なら排出されるはずの古い角質が表皮に滞り、ポツポツとイボ化してしまうのです。

そのため、日常のスキンケアによってポツポツとしたイボならば改善をはかることもできます。
ヨクイニンや杏仁エキス配合のクリームやオイルが効果的です。

 

 

気になる首イボを滑らかにし、ターンオーバーを正常に近づけていき、イボを排出させる働きが期待できるスキンケアアイテムを上手に活用しましょう。

 

アクロコルドン対策のスキンケアアイテムはこちら