首イボの塗り薬

首イボに効く塗り薬について|ヨクイニン・杏仁オイル配合などの塗り薬を検証

徐々に増えてしまう首イボにお悩みの方は意外と多いようです。

 

 

首のポツポツしたイボを除去するには、皮膚科でレーザー焼灼などの外科的治療が必要ですが、自宅で塗り薬を使って治す方法はないのでしょうか?

 

ここでは首イボに効く塗り薬について検証します。

 

首イボがポツポツと出来始めてしまったら

早めにケアして改善と予防を促すスキンケアアイテム一覧

 

 

首イボに効果が期待できる塗り薬

首元が開いた服を着た時に目立つ、ポツポツしたイボ。
首イボ年齢を感じさせてしまう原因となるので、
市販の塗り薬で取ることはできないだろうか
とお思いの人も多いでしょう。

 

 

しかし、首イボの多くは身体にできるイボと発生原因が異なるうえ、皮膚が柔らかくデリケートなため、治療やケア方法が異なります

 

市販のイボ取りの塗り薬は首イボには使用できない

イボに効果のある塗り薬といえば、「イボコロリ」などがありますよね。

 

 

しかし、医薬品のイボ用塗り薬は、角質を化学的に溶解するサリチル酸が主成分です。

 

足の裏や手などの大きく硬化したイボには使えますが、首や顔のようなやわらかい皮膚に対しては、やけどのようになってしまうので使用が禁止されています

 

イボ対策用のクリームやオイルは首や顔のイボにも使用できる

顔や首のイボに医薬品の塗り薬は使えません
もし自分でイボ・角質粒の改善や予防を試みたいという場合には、イボ対策に効果的なクリームオイルジェルといった化粧品があります。

 

 

これらは首や顔のスキンケア用に作られていますので、刺激もなく安心して利用できます。
イボ対策用の化粧品は、医薬品のように治療を目的としているものではありませんが、イボのメカニズムに着目して改善をめざしていくものです。
塗り薬のように、イボの気になる部分を中心にケアするアンミオイルなどの商品もあります。

 

≫首イボケア用クリーム 艶つや習慣の口コミ
≫首イボに集中ケア アンミオイル

 

首イボのケアは医薬品にこだわる必要はない

医薬品は、治療を目的として決められた有効成分が配合されたものです。
医薬品の方が効果が高いと考えられがちですが、首や顔にできるイボの場合は、発生メカニズム上そうとは限りません。

 

 

首や顔のイボの多くは、角質粒ともよばれる、古い角質がはがれ落ちることができずに固まったもの
老化紫外線の影響によりあらわれてきたものです。
加齢に伴って増えることもあるかわりに、適切なスキンケアで改善できる可能性が高いです。

 

 

したがって、医薬品でケアすることにこだわる必要はありませんし、そもそも医薬品の塗り薬で首や顔のイボに使用できるものは現状ありません

 

角質粒などの首イボ対策のクリームやオイル、ジェルなどは、医薬部外品もしくは化粧品という区分になっています。
医薬部外品とは、予防などの決められた効能に対して有効成分が配合されているもの。
化粧品はさらに効果がおだやかなもので、効能の記載が認められていないものという定義になっています。

 

首イボがポツポツと出来始めてしまったら

早めにケアして改善と予防を促すスキンケアアイテム一覧

 

 

首イボに効果的な成分には、ヨクイニン(ハトムギエキス)や杏仁オイルなどが知られています。

 

 

これらの成分はいずれも医薬品の成分には該当しないため、医薬部外品や化粧品として発売されているのです。
医薬品の塗り薬がないからといって、角質粒のセルフケアができないというわけではありません。

 

ただし、
イボ対策の化粧品で効果が期待できるのは、イボが老化や紫外線によってできる角質粒である場合に限られます。
イボが急速に増えたりする、ウイルス性のイボの可能性がある場合には、医師の診断を受け、適切な治療を受けることが必要です。

 

首イボ除去に効果が期待できる成分「ヨクイニン」と「杏仁オイル」

首や顔に多くできる、角質粒などのイボ除去に効果的な成分としては、ヨクイニン杏仁オイルなどが有名です。
これらがイボにどのように作用するのか、みていきましょう。

 

ヨクイニン

ヨクイニンは、ハトムギの殻を取り除き乾燥させたもので、漢方薬としても用いられているものです。
食物繊維やアミノ酸、ビタミンB2などを豊富に含んでいます。

 

 

イボにヨクイニンが効果的といわれるのは、コイクノライドという成分のはたらきです。
コイクノライドには、腫瘍を抑制する効果により、イボが成長するのを防ぎます
また、ヨクイニンに含まれるアミノ酸やビタミンB2は、新陳代謝を高め、肌のターンオーバーを正常に保ち、首イボ形成の要因となる古い角質を排出させます。
また、免疫力を高めるはたらきもあり、ウイルス性のイボにも効果的です。ヨクイニンは、内服だけでなく外用でも効果が発揮されるといわれ、古くからイボ対策として使われています。

 

杏仁オイル

杏仁オイルは、あんずの種子から取れるオイルです。
杏仁オイルに含まれる主な脂肪酸は、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、パルチミン酸、ステアリン酸です。
このうち、パルミトレイン酸は「若さの脂肪酸」と呼ばれており、肌の新陳代謝を高め、保湿によって角質を柔らかくするはたらきがあります。

 

 

また、リノール酸は肌の角化を防ぎ、角質粒の形成を防ぎます。
低温圧搾された杏仁オイルであれば、油の酸化が起こりにくいため、いわゆる油焼けの心配はなく、露出する顔や首にも使っても問題ありません。
杏仁オイルは、保湿と新陳代謝、角質の柔軟化の3つの作用でイボをケアしていきます。

 

首イボがポツポツと出来始めてしまったら

早めにケアして改善と予防を促すスキンケアアイテム一覧

 

 

首イボ改善には毎日のスキンケアが効果的

首イボを改善するには、できている角質粒をターンオーバーによって排出すること、そして新たな角質粒が発生しないように、適切なスキンケアを継続することが大切です。
ターンオーバーを整える保湿、肌を老化から守る紫外線対策などを怠らないようにしましょう。

 

もちろん、顔や首にできるイボは、皮膚科でレーザーや液体窒素を使い壊死させることもできます。

 

 

しかし、小さなものが大量にできていることが多く、治療の時間も費用もかさみますし、治療の跡が消えるまでにも時間がかかります。
また、ターンオーバーの乱れが改善されない状況では、再発する可能性も高いため、まずはスキンケアから見直してイボ対策を行うことがおすすめです。

 

首イボ対策<まとめ>

首イボ対策用のアイテムのメリットは、ヨクイニンや杏仁オイルなど、角質粒のケアに効果的な成分がたっぷりと含まれているだけではありません。

 

 

各種保湿成分も豊富で、次第に首イボや角質粒のできにくい肌へと導いてくれます。
首イボ対策用のアイテムには、通常のスキンケアとして使用するもののほか、マッサージでケアするものや、塗り薬のようにピンポイントに塗布するものなどがあります。

 

 

自分にあったイボケアアイテムを選びましょう。
ケアする際には擦らないようにやさしく行うことも大切です。

 

首イボ対策に私がおすすめしているアイテムを一覧にしましたのでご紹介します。
首イボ・角質粒のためのスキンケアアイテム