首イボ イボコロリ

首イボにイボコロリの使用は使用して大丈夫なのか…

目立って気になってしまう顔イボや首イボ。
早く治したいので、市販のお薬で有名なイボコロリを使ってイボを取りたい!

 

 

でも、イボロコリって足とかには塗っているけど、顔や首に塗ることができるの?
角質粒にも効くの?

 

そんな疑問をお持ちの方のために
イボコロリについて詳しくみていきましょう。

 

首イボがポツポツと出来始めてしまったら

早めにケアして改善と予防を促すスキンケアアイテム一覧

 

 

イボコロリってどんな種類があるの?

イボコロリは横山製薬が販売しており、様々な種類があります。

 

 

  • イボコロリ(塗るタイプ)
  • イボコロリ絆創膏(貼るタイプ)
  • イボコロリ内服錠

の3種類。

 

商品別に一つずつ紹介しながら、どの種類のイボコロリがどの部位に期待できるのか解説します。

 

イボコロリ(塗るタイプ)

 

 

主成分「サリチル酸」が入った液体塗るタイプになります。
液体を患部に塗ることで素早く乾燥し、白い被膜をつくって、厚く硬くなった皮膚を柔らかくしてイボを取り除きます。
7歳以上から使用でき、1日4回、キャップの付属の棒で1滴ずつ患部に塗ります。

 

イボコロリ絆創膏(貼るタイプ)

 

 

塗るタイプと同じ成分「サリチル酸」が入った絆創膏の貼るタイプになります。
絆創膏の中央部にお薬の成分があり、幹部を覆うように貼り付けて、厚く硬くなった皮膚を柔らかくしてイボを取り除きます。
7歳以上から使用でき、1回の使用で2〜3日貼り続けます。

 

イボコロリ内服錠

 

 

イボコロリ内服錠は、ヨクイニンが入ったお薬です。
体にやさしく作用して肌や皮膚のあれに効果があります。
首や顔、お腹、背中などの皮膚の柔らかい部分のイボに使用できます。
15歳以上の大人の方は、1日3回、1回6錠(1日計18錠)を食前または食間に服用します。
ヨクイニンは食前・食間に服用する方が、食後よりも効果が得られやすいです。

 

イボコロリの値段は?

Amazonでの参考価格を調べてみました。

 

イボコロリ(塗るタイプ)

6mL \929、
10mL \1,296

イボコロリ絆創膏ワンタッチ

S、M、L12枚、
フリーサイズ3枚
各種 \918

イボコロリ内服錠

180錠 \2,462

 

さすが歴史も長く知名度もナンバーワンのイボコロリ
いずれの薬もかなりお求めやすい価格ですね。

 

イボコロリは顔や首に使えるの?

イボコロリ内服錠は顔や首のイボに対しても使うことができます。
と言うよりは、飲むお薬なので顔も首も足も…無いですよね。
一方、
イボコロリ(塗るタイプ)イボコロリ絆創膏(貼るタイプ)は、顔や首に使用できないのでご注意ください。

 

 

顔や首にイボコロリを使っちゃいけない理由

イボコロリの中に入っている成分「サリチル酸ワセリン」は、皮膚の角質を溶かして柔らかくする効果があります。
正常な皮膚や、顔や首など皮膚の柔らかい部位に使用すると炎症を起こす可能性があります。
絶対に使用しないでください。

 

唯一、内服薬なら首・顔イボに使ってOK

イボコロリ内服錠は、ヨクイニンの成分を有したお薬です。
ただし、塗るタイプや貼るタイプよりも即効性はありませんので、治るには時間がかかります(だいたい約1ヶ月で肌が変わります)。
継続してヨクイニンのお薬を使用することが重要になります。

 

顔や首にイボコロリを使うとどうなってしまうの?

多少のリスクは覚悟の上で、首や顔にできたイボをイボコロリで取りたい!
そんな無茶を考える方も中にはいらっしゃるようですが、絶対にNGです。

 

 

イボコロリの中に入っている成分「サリチル酸ワセリン」は、皮膚の角質を剥がす作用があります。
そのため、顔や首に塗るタイプのイボコロリ、貼るタイプのイボコロリを使用すると、顔や首がヒリヒリしたり炎症を起こしたりします。
イボが乾燥し固まって剥がれたとしても、顔や首の皮膚は薄く弱いですから、痕が残ってしまう可能性も高いです。

 

首イボがポツポツと出来始めてしまったら

早めにケアして改善と予防を促すスキンケアアイテム一覧

 

 

顔イボ、首イボにはヨクイニン、杏仁エキス配合のクリームを使いましょう

顔イボ、首イボにはイボ除去に効果のあるヨクイニン杏仁エキス配合のクリームがおすすめです。

 

 

首や顔のイボに使え、角質粒にも効果が期待できます。
ヨクイニンは、医療用の漢方にもその成分が使われています。
そのため効果が期待でき、安心して使うことができます。
杏仁エキスも昔からイボ治療に効果的とされ、古くから愛用されてきました。
イボの原因の多くは肌に残った古い角質
正常に排出されず肌上に滞った角質がやがてイボ化してしまうのです。

 

 

そこでヨクイニンが肌の新陳代謝を正常化し、イボや古い角質を排出することで正常な肌にします。
クリームやジェルなどを毎日継続して使用することで、効果が得られます。

 

 

杏仁エキス配合のクリームは、様々な脂肪酸が含まれており、新陳代謝を改善します。
これにより、保湿によって角質を柔らかくして、角質粒を除去、肌をなめらかにします。
イボや角質粒の予防をはじめ、肌のケアには心強いアイテムなのです。

 

ヨクイニン杏仁エキス配合のクリームには様々な種類があります。

 

 

中に含まれている成分が同じでも、含有量は商品によって様々ですので、残念ながら少なくて効果が期待できないこともあります。
そのため、良質な商品を選ぶことが重要になります。

 

質の良いヨクイニンや杏仁エキス配合のクリームを使用することで、首イボ・顔イボ・角質粒の改善へと導くことができます。

 

予防という観点からも毎日のスキンケアが効果的

特に首・顔イボ、角質粒は目立つので、周りの目が気になってしまいますよね。
イボは一度治っても再発する可能性があります。
そのため毎日のスキンケアが必要です。

 

 

イボ用のクリームを塗ってから蒸しタオルをあてることで、私は短期間で首イボを改善することができました。

 

毎日ケアすることで肌が滑らかになり、イボや角質粒の再発を防ぎやすくなります。
ぜひ実践してみてください。
おすすめできるスキンケアアイテムは、次の記事でご紹介したいと思います。